ベトカム日記

2016.09.20更新

ウサギの食欲不振は、胃腸が機能しなくなる胃腸うっ滞(昔は毛球症と呼んでいた)や臼歯の噛み合わせが悪い不正咬合が原因である事が多いです。

胃腸うっ滞の場合、通常、点滴と胃腸運動促進注射と強制給餌で改善を待ちますが、今回は反応が良くありません。

レントゲン検査では腸内ガスも多く、緊急オペとなりました。

口腔内チェックでは不正咬合はなく、開腹すると腸に亀裂が入り炎症を起こし化膿している事が判明しました。

化膿した腸を切開して縫合しオペは終了。オペ後しばらくしたらエサを食べてくれたのでホッと安心しました。

ウサギ食欲不振

投稿者: ベトカム動物病院

ベトカム日記 ベトカムスライドショー 求人サイト
動物健保対応 医療機関 アニコム損害保険 ipet アイペット損害保険 クレジットカードご利用可
tel:075-748-0121