ベトカム日記

2017.01.16更新

レッグ・ペルテス病とは、股関節にはまっている大腿骨頭への血液供給不足により骨頭が壊死する病気です。

小型犬の1歳未満の子に多く、突然後肢をあげて痛そうにします。放置すると筋肉が萎縮し細くなり、大腿骨頭は変形し永久に跛行が残る可能性がおります。

手術で壊死している大腿骨頭を切断するのが一般的です。

右が手術前、左が手術後6ヶ月のレントゲン写真です。

股関節にはまっている大腿骨頭が無くなっているのが、わかりますかね。筋肉量も手術前は左右差がありましたが、手術後は左右差を感じません。

犬レッグ

投稿者: ベトカム動物病院

ベトカム日記 ベトカムスライドショー 求人サイト
動物健保対応 医療機関 アニコム損害保険 ipet アイペット損害保険 クレジットカードご利用可
tel:075-748-0121