ベトカム日記

2017.01.19更新

フェレットの脾臓疾患は、良性のしこりから、脾臓が腫瘍化する悪性の血管肉腫やリンパ腫まで様々です。

脾臓と言う臓器は切除しても生命には問題ないので、動物自体の血液状態が良ければ脾臓摘出(脾摘)するのが望ましいです。

この子は脾臓が腫瘍化しており、腫瘍化した脾臓からの出血のため貧血を示していたので、緊急手術になりました。

腹腔内は脾臓からの出血のため血が溜まった状態でした。

脾臓

脾臓

脾臓

 

投稿者: ベトカム動物病院

ベトカム日記 ベトカムスライドショー 求人サイト
動物健保対応 医療機関 アニコム損害保険 ipet アイペット損害保険 クレジットカードご利用可
tel:075-748-0121