フェレットの病気

フェレットの主な病気

インスリノーマ

すい臓が腫瘍化し血糖値が下がり、フラフラしたり、ぐったりしたりするようになります。

時にケイレンを起こすこともあります。

リンパ腫

血液の癌と言われる病気で、リンパ節の腫れ・食欲不振・体重減少・臓器(肝臓や脾臓)障害などの症状を引き起こします。

副腎疾患

ホルモンの影響で脱毛したり、陰部が腫れて排尿障害になったりします。

耳ダニ

黒茶色の耳垢が出て、耳を頻繁に痒がるようになります。

重度の場合には、斜頸(首を傾ける)することもあります。

腸内寄生虫

コクシジウム寄生により、激しい下痢をしたり、脱肛したりすることがあります。

腸閉塞

誤食した異物や毛球が腸につまり、腸が機能しなくなる病気です。

腹痛で歯ぎしりしたり、嘔吐・粘膜下痢を引き起こしたりします。

熱中症

暑さのため体温が急激に上昇し、鼻が乾き、呼吸困難になったりします。

最悪の場合、死に至ることもあります。

歯周病

歯石の影響で歯肉が赤く腫れ、よだれが出たり口臭が発生したりします。

白内障

先天性や老齢性などにより、目が白濁します。

悪化すると失明する場合もあります。

泌尿器疾患

尿路結石の影響で頻尿や排尿障害になり、尿道が閉塞すると、尿毒症になり命に関わる場合もあります。

特に尿道が細くて長いオスは、尿道閉塞になりやすいとされています。

高齢疾患

加齢にともない、心臓病(咳・呼吸困難)や腎臓病(飲水量の増加・体重減少)が生じます。

脊索腫

尾の先に丸いこぶ(腫瘍)ができます。

手術で切除することが多いです。

フィラリア症

蚊を媒介して犬糸状虫(フィラリア)に感染することで、発症する病気です。

元気や食欲がなくなり、咳・呼吸困難・腹水などの症状が現れます。

フィラリア症は、予防することが可能ですのでご相談下さい。

ジステンパー症

犬ジステンパーによる感染で、発熱・目ヤニ・鼻汁・元気消失・食欲不振などの症状が現れ、死に至ります。
ジステンパー症は、混合ワクチンで予防することが可能ですのでご相談下さい。

インフルエンザ

人のインフルエンザが感染することもあります。咳・くしゃみ・鼻水が出て、発熱や食欲不振に陥ります。

二次感染により、肺炎になることもあります。

ベトカム日記 ベトカムスライドショー 求人サイト
動物健保対応 医療機関 アニコム損害保険 ipet アイペット損害保険 クレジットカードご利用可
tel:075-748-0121